販売員さんに対する襲撃事件をきっかけに立ち上がったイギリスビッグイシューのキャンペーン #celebrateyourvendor について。

こんにちわ。BigIssueTrainです。

今日は、イギリスビッグイシューが立ち上げた新しいキャンペーン、#celebrateyourvendor の紹介をしたいと思います。本家はこれです↓
http://www.bigissue.com/mix/news/1871/finding-hope-tragedy-celebrateyourvendor

1月11日に、英国バーミンガムで、二人のベンダーさんが襲撃され殺害されるという事件が起きました。詳しくはこちらを御覧ください。
Birmingham double stabbing victims were Big Issue vendors

この事件をきっかけに、ベンダーさんたちに温かいメッセージを届けてくれるように、ビッグイシューが読者に呼びかけています。超訳ですが、実際のメッセージをここに訳しますね。

エクセターのハイストリートにいる Joe からビッグイシューを買って、おしゃべりするのはいつだって楽しいよ。グッジョブ、ジョー!

イーガムに行った時は、テスコの前にいる女性からビッグイシューを買うよ。どんな天気の時も笑顔で迎えてくれるステキな人だよ。

プリマスのマークス&スペンサー前の販売員さんは、Rocky Robin のメロディに合わせて歌いながらビッグイシューを売ってる、アメイジングなやつだぜー。しかも、よく稼いでるよ。

Big Issueにとって2013年は辛いスタートになってしまったけど、こうやって自分たち盛り立ててる!いいね!

ブライトンにはたくさんのベンダーがいて、いろいろな人からビッグイシューを買ってるけど、みんなフレンドリーで素晴らしい人達だよ。

電車に乗り遅れたんだけど、グラスゴーのクイーンストリートのベンダーさんと楽しいおしゃべりをして時間が過ごせたよ。乗り遅れてラッキーだったね。

私もこの流れに乗ってみました\(^o^)/

 

この他にも、ごひいきのベンダーさんや、自分が住んでいるところのベンダーさんたちに対する楽しいメッセージがたくさん寄せられています。(全部読むには、#celebrateyourvendor へどうぞ。)ビッグイシューでは、 Email(editorial@bigissue.com) や、Facebooktwitter などで、販売員さんと一緒に写った写真なんかも募集しているみたいです。(お手紙でもいいらしいです、詳しくはHPを見てください)

ただ、ビッグイシューがもっとも読者に求めていることは「あなたの地域のベンダーさんに声をかけてほしい」という事のようです。彼らとおしゃべりして、彼らのことをもっと知ってもらいたい、それが一番の目的のようです。非常に共感します。

みなさんも、よかったらこの #celebrateyourvendor プロジェクトにのってみてはいかがでしょうか?地域の販売員さんと楽しくおしゃべりして、その感想なんかを #celebrateyourvendor をつけて発信してみてください。

(Big Issue Train (ビッグイシュー・トレイン)は、ビッグイシューをこよなく愛する私たちが、“勝手に”ビッグイシューを応援している団体(というほど大きくもない笑)です。日本ビッグイシューさんの関係者ではありません。詳しくはこちらを御覧ください。)